NEWS

  • Bee-Ms活動再開いたしました。

BIOGRAPHY

21世紀のはじめ頃、IPPEIとKENを中心にBee;Msの母体のバンド結成。

しばらくして、RYOHEI、KOUJI、TAKANORI加入。

その後TAKANORIが脱退。

ON AIR WESTでのワンマンライブ後KOUJIが脱退。

IMAHEN加入。

IMAHEN加入前は、メロディアスさが重視されたサウンドだったが、IMAHENの加入によりオーガニックさとヘビーさがサウンドに注入される。

2002年頃から2004年頃まで、ライブを重ねながら、音源にはリミックス作品を入れるなどBee;Msを取り巻くサウンドの幅を広げていく。

その後バンドは半冬眠状態に突入。ライブは一年に一度位になる。

2008年、オフィシャルHPをリニューアルと共に再始動。

2009年、新メンバーとしてKijimacが加入

2010年2月、解散

2017年9月、復活。活動再開。

PROFILE

  • IPPEI

    IPPEI

    1997年ロックユニットFEELのボーカルとしてデビュー。全楽曲の作詞作曲を手がける。 2000年7枚のシングル、2枚のアルバムをリリース後、FEEL解散。

    2000年クリエイターに転身。1.DT名義でリミックス、都内近郊のクラブでシンセサイザーでのライブも多数行う。

    2000年バンドBee;Ms結成。ボーカルを担当。

    IPPEI名義では、作詞、作曲、編曲、プロデュースなど多岐に渡って活動。

    バンドBee;Msを2010年解散。

    2011年よりクラブイベントでのライブ活動を再開。

    2013年よりロックバンドFEMTを結成。

  • IMAHEN

    IMAHEN

    理想のサウンドを奏でる為、線材・コンデンサーに至るまで独自の感性と方法論で弄り倒し唯一無二の世界を創り出す。ボイストレーニングやダイエット法などにも見地がありそれらをWebコンテンツとして執筆準備中

  • KEN

    KEN

    NeoAtomicMotor FEMTのBass.フレットレスベースやアップライトベースを操り、派手なステージングと個性的なフレーズで異彩を放つ。 サポートベーシストとしてもUS、UKツアーをはじめ、レコーディングやLiveに貢献している。

  • RYOHEI

    RYOHEI

    1999年2月 CLOSEのドラマーとして東芝EMIよりメジャーデビュー。

    2001年1月解散。

    Bee;Ms結成。

    勢力的に活動しながら、DAIGO STARDUST、奥井雅美、milktub.等サポートミュージシャンとして、様々なアーティストのライブ、レコーディングに参加。

    ESPミュージカルアカデミー、東京スクール オブ ミュージックなどでドラム講師としても活躍。

    2010年2月に惜しまれつつも現役を退く。

    そして2017年、ビームス活動再開を機に復活。

DISCOGRAPHY

UNDER CONSTRUCTION NOW

各音源の詳細は準備中です

VIDEO

COMING SOON

CONTACT

※印は必須項目となります

お名前
メールアドレス
メールアドレス
(確認)

確認のため、もう一度入力ください
お問合せ内容

「個人情報保護について」に同意の上、送信内容を確認し送信をお願いします。

PRIVACY POLICY

Bee-Ms(以下「当方」といいます)は、個人情報保護に関する法律、その他の法令を遵守し、当方が取得、管理いたしますお客様の個人情報を適切にお取り扱い、保護いたします。

  1. 個人情報の取得について

    当方は、お客さまの個人情報の取得の際、利用目的を予め明示し、お客さま御本人より適切な方法で取得をいたします。

  2. 個人情報の利用について

    当方は、個人情報を以下の利用目的の達成に必要な範囲内で、利用致します。
    以下に定めのない目的で個人情報を利用する場合、あらかじめご本人の同意を得た上で行ないます。
    当方は、お客様の個人情報を下記に記載する目的において利用いたします。下記に該当しない目的で利用する場合には、あらかじめその利用目的を明確にし、それ以外の目的で利用することはありません。

    • お客様に当方のサービスおよび関連情報をご提供するため。
    • お客様により良いサービスをご提供するための調査分析およびアンケート調査実施のため。
  3. 個人情報の安全管理について

    当方は、取り扱う個人情報の漏洩、滅失またはき損の防止その他の個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます

  4. 個人情報の第三者提供について

    当方は、個人情報保護法等の法令に定めのある場合を除き、個人情報をあらかじめご本人の同意を得ることなく、第三者に提供致しません。

  5. 個人情報の開示・訂正等について

    当方は、ご本人から自己の個人情報についての開示の請求がある場合、速やかに開示を致します。その際、ご本人であることが確認できない場合には、開示に応じません。
    個人情報の内容に誤りがあり、ご本人から訂正・追加・削除の請求がある場合、調査の上、速やかにこれらの請求に対応致します。その際、ご本人であることが確認できない場合には、これらの請求に応じません。

  6. 本方針の変更

    本方針の内容は変更されることがあります。変更後の本方針については、当方が別途定める場合を除いて、当サイトに掲載した時から効力を生じるものとします。

同意する